AGVとAMRの違いは何ですか? | いるかナレッジ

AGVとAMRの違いは何ですか?


AGV(Automated Guided Vehicle)とAMR(Autonomous Mobile Robot)は、いずれも自動化された移動体ですが、その技術や運用方法にはいくつかの違いがあります。

AGV(Automated Guided Vehicle)
ガイドに従って移動: AGVは、磁気テープ、ワイヤー、レーザー、バーコードなど、予め定められたルートやガイドに従って移動します。
事前にプログラムされたパス: 移動経路はあらかじめプログラムされ、AGVはその経路を変更することなく、繰り返し同じパスを辿ります。
障害物回避に限定的: AGVは障害物を検知して停止する能力はありますが、その場で新しい経路を計画する能力は限定的です。
使いやすさと信頼性: シンプルで信頼性の高い技術により、多くの製造施設や倉庫での利用実績があります。
AMR(Autonomous Mobile Robot)
自律的な経路決定: AMRは環境をリアルタイムで認識し、障害物を避けながら目的地までの最適な経路を自律的に計画します。
環境認識技術: レーザースキャナー、カメラ、センサーなどの高度な技術を使用して周囲の環境を認識し、動的に変化する環境にも対応します。
柔軟性と適応性: 新しい環境やレイアウトの変更にも柔軟に対応でき、経路を自動で更新することが可能です。
高度な操作性: AMRは、より複雑なタスクを実行できるように設計されており、ピックアップ、配送、搬送など、さまざまな機能を統合できます。

つまり、AGVは予め設定されたパスに従って移動するのに対して、AMRは環境を認識し、自律的に最適な経路を決定して移動する点が大きな違いです。AMRは、より柔軟で高度な技術を要する分、AGVに比べて実装コストが高い場合がありますが、運用の柔軟性や効率性の面では大きなメリットを提供します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
B!拍手もよろしくね



関連記事

サイト内検索

最新記事

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

[コンピュータ] ジャンルランキング

84位/11000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!