5Gが誰かの役に立っている気配がない。ローカル5Gは役立つのか? | いるかナレッジ

5Gが誰かの役に立っている気配がない。ローカル5Gは役立つのか?


ローカル5Gは金さえあれば、免許を取得して機材を購入し構築すれば、
自営の5Gをふけるようになる。

ローカル5Gはオレ様5Gとも言えるスタンスだ。
MEC構成にしてしまえば、電波の干渉攻撃を受けない限りは、
取得した免許帯域とネットワークを独占できるわけだ。

よく考えてみると、これは4Gの頃から出来上がったMVNOが
MNOに設備を借りるのにかかるお金に似ている。

MNOに設備を借り受けて、独自のサービスを提供し、
その無線リソースは複数のユーザーで共有することになる。

小さな土管を借りるスタイルだが 1ユーザに専有させるさせると
月額数百万ほどの月額料をとらわないといけなくなるだろう。

そのため、MNOより借り受けた一つ、または複数の土管を何百、何千というユーザーで共用することになる。

そのため、ユーザの基本料は安くなるが、同時刻に他のユーザがサービスを利用していると、通信速度が遅くなる仕組みだ。

このことをローカル5Gと対比した場合、MVNOサービスがユーザーで共用するのに対し、ローカル5Gは電波の免許〜設備までを自前で準備することになる。 

そうすることで、所有者が独占することも可能なオレ様5Gが完成するというわけだ。

しかし、ローカル5Gには現在の所3つの弱点がある。

設備が初期費用で、概ね1,000万円以上は必要となり高額。
電波の飛ぶ範囲がやってみないとわならない。(sub6やミリ波の電波特性の影響)
テクノロジーが高度なため、設計・構築や障害時のトラブルシュートに技術者が必要

ローカル5Gは上記のような問題に直面しており、ゆるやかに問題解決に取り組む社会姿勢が浮き彫りとなっている最中です。

パブリック5G が必要とされなくて、ローカル5Gも利用用途が不明なのも当然といえば当然でしょう。

しかし、今後、通信業界はローカル5Gでお金を流動させる使命があるはずです。

では、こんな弱点だらけのローカル5Gをどう売ったらよいか?
 
答えは一つ。お金持ちの玩具として売り出せばいいのです。
車と同じです。所有してるのをステータスとして顧客を満足させる道が残されています。

私達は、極太客を見つけなければいけません。

本記記事は、一部改変しQiitaにも投稿せれている記事の原作版です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
B!拍手もよろしくね



関連記事

サイト内検索

最新記事

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

[コンピュータ] ジャンルランキング

62位/11000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!