ローカル5G(Local 5G)と公衆5G(Public 5G)の違いとは? | いるかナレッジ

ローカル5G(Local 5G)と公衆5G(Public 5G)の違いとは?


範囲と利用エリア:

公衆5G: 大規模な範囲で提供され、一般のユーザーが利用できる。都市部や広範囲な地域で展開され、携帯電話やモバイルデバイスなどに広く利用されています。
ローカル5G: 特定の場所や組織内で構築され、限られた範囲で利用される。企業のキャンパス、工場、スタジアム、スマートファクトリーなど、局所的な用途に特化しています。

帯域幅とスピード:

公衆5G: 一般的に大規模な帯域幅を提供し、高いデータ転送速度を実現します。多くの場合、数キロメートル以上の範囲をカバーします。
ローカル5G: 特定の場所で高い帯域幅と速度を提供することが重要であり、通常は公衆5Gよりも狭い範囲を対象としますが、その分密度が高い通信を可能にします。

専用ネットワーク:

公衆5G: 複数のユーザーが同じネットワークを共有する形態が一般的で、携帯電話やモバイルデバイスの普及をサポートしています。
ローカル5G: 特定の組織や用途に合わせて設計され、専用のネットワークを構築することが一般的です。これにより、特定の要件やセキュリティニーズに対応できます。

遅延(レイテンシ)の要件:

公衆5G: 低い遅延を提供することが求められていますが、ローカル5Gほど厳密な要件がない場合があります。
ローカル5G: 特定の用途では、極めて低い遅延が要求されることがあります。例えば、自動運転車や工場の自動化など。

総じて、公衆5Gは一般の広範な利用を対象としており、ローカル5Gは特定の場所や用途に特化したユースケースにて利用することが想定されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
B!拍手もよろしくね



関連記事

サイト内検索

最新記事

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

[コンピュータ] ジャンルランキング

103位/11000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!