複数格安SIMのミニマリスト 1人前攻略 | いるかナレッジ

複数格安SIMのミニマリスト 1人前攻略


■検討対象のSIM
 ・nuro mobile(モバイル) データSIM VSプラン(3GB) 627円
 ・mineo マイそくスーパーライト32kbpsプラン 250円
 ・povo 2.0 0円+トッピング代
 ・日本通信SIM 合理的プラン 290円
 ・ iijmio esimギガプラン 20GB 1,650円

■メインのSIM
昼の通信速度低下を回避するのに povo 2.0 で 3GB や 60GB をトッピングして利用しましょう。

■サブスマホのSIMは日本通信SIMがおすすめ
日本通信SIMは使用するデータ容量の上限を1GB単位で変更しながら使用できるため、使いすぎになる心配がありません。また月々の料金に1GBのデータ容量がふくまれており、以降1GB追加ごとに220円使用量が増加するシステムです。
申込時にエントリーパッケージを利用することで初期費用をいくらか削減することが出来ます。

■自宅WiFiとして使うSIM
iijmio esimギガプランであれば、最近は品質と価格ともに問題ないため、
eSIM対応端末を調達し、テザリングで利用しましょう。
ブランについては 2GB 440円〜 利用する容量を見込んで 4種類の範囲で選択します。

■動画を見たい時など、一時的に大容量の通信を行いたい時のSIM
povoまたはmineoのマイそくブランでデータ1日使い放題のオプションを都度購入することが出来ます。mineoは月額料金もかかりますが、マイそくスーパーライト(32kbps)プランであれば250円です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
B!拍手もよろしくね



関連記事

サイト内検索

最新記事

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

[コンピュータ] ジャンルランキング

103位/11000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!