WSL2導入までのトラブルシュートとコマンド | いるかナレッジ

WSL2導入までのトラブルシュートとコマンド


dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

Windowsの機能から Linux sub systemを有効にするのと同じと思われるが、
GUIでできない時はこれ。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

仮想マシン機能を有効化にするコマンドらしい。
次のコマンドで包括すると思われるので必要ないだろう。

wsl --install
初期状態で打つと無印のUbuntuをインストールする所まで、Ansibleみたいに入れてくれる。

何か問題があると、何の応答もない状態になる。
その場合は、Ctrl+Cで止めて何か改善を試みる必要がある。
このエントリーをはてなブックマークに追加
B!拍手もよろしくね



関連記事

サイト内検索

最新記事

momokokko

ネットワーク屋のナレッジへようこそ!

[コンピュータ] ジャンルランキング

84位/11000

FC2ブログでランキングも簡単自動参加!